みずほ銀行カードローンの在籍確認の会社への電話はどうすることもできない?

みずほ銀行カードローンを利用するためには、申込後にみずほ銀行カードローンの審査の結果不可にならなければ、契約前に必ず在籍会社に電話するという在籍確認を行ないます。

 

 

でもみずほ銀行カードローンから職場に電話されると何かとややこしいので困るんだけど・・・


カードローンの中には在籍確認が必要ないものなどありません。なのでもちろんみずほ銀行カードローンの場合にも、そういった会社への電話による在籍確認を避けるという方法はありません

 

というのも、みずほ銀行カードローンを含むカードローンは、担保もなしに審査だけでお金を貸すため、返済の源泉である給与が現在も支払われているのかどうか、申込者の在籍している会社へ電話して在籍の確認をとるという必要があるのです。それが信用に繋がりますから、仕方がない事だといえるでしょう。

 

 

それでもお金を借りたいことを会社にバレたくないので何とかしたい・・・


在籍確認はカードローンなどのローンには必須の確認事項であり、回避することはできません。しかし、

 

 

在籍確認の会社への電話は相談することにより別の確認方法を取る事で電話は回避することも可能です。相談可能なカードローンはプロミスです。


 

 

でもプロミスじゃあみずほ銀行カードローンより金利が高いでしょ?


確かにみずほ銀行カードローンはプロミスよりも多少金利は低いですが、12万円借りて元金4万円と利息で3ヶ月で完済した場合の利息を以下の表で見比べてみてください。

- プロミス みずほ銀行カードローン
1ヶ月目の利息 初回30日無利息サービス※1 およそ1,381円
2ヶ月目の利息 およそ1,170円 およそ921円
3ヶ月目の利息 およそ585円 およそ460円
利息合計 およそ1,756円 およそ2,762円

※1 要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録
※ 表はスライドしてご覧ください

 

この場合はみずほ銀行カードローンよりもプロミスの方が千円ほど利息は少なくなっています。利息にすればみずほ銀行カードローンもプロミスもそれ程利息は変わりませんし、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)を利用した場合はプロミスの方が少なくなります。

 

ですから、みずほ銀行カードローンに申込んで職場に電話されるのが困るのであれば、小額ならみずほ銀行カードローンよりも利息が少なくて済み、即日融資も可能なプロミスに申込んで相談すれば解決できますよ。

 

 

なるほど!助かりました!


みずほ銀行カードローンに申込んで職場に電話されるのが困るのであればプロミスに相談

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

みずほ銀行カードローンの在籍確認の意義

このしっかりとした在籍確認があるからこそ、みずほ銀行カードローンでは低金利で高額の借り入れをする事ができるのだという事は知っておいて損はないでしょう。では、実際にはこのみずほ銀行カードローンの在籍確認というのはどのように行なわれるのかという事についてご紹介をしていきます。

 

まず、在籍確認をする際には、何もみずほ銀行カードローンの名前を出して行なうというわけではなく、個人名ですとかそういったもので電話をかけられます。

 

 

みずほ銀行カードローンですが○○さん(申込者)ご在籍ですか?


 

××(オペレーター名)と申しますが○○さん(申込者)ご在籍ですか?


ですから、決して会社の人間に自分がこのみずほ銀行カードローンを利用しようとしているですとか、お金を借りようとしているという事はわからない仕組みになっているのです。

 

なので、本来はそこまでこの在籍確認を怖がるという必要は、ないかのかもしれません。しかし、

 

 

  • 従業員が多かったり
  • 電話口の方がベテランだったり

すればそれ相応の在籍確認の電話に対処してきているのでローンの在籍確認の電話トバレてしまいます。


なのでみずほ銀行カードローンの会社への在籍確認の電話が困る場合は、プロミスに相談するといいでしょう。

 

また、みずほ銀行カードローンが会社に電話をするという時に、自分が会社にいて電話にでなくてはいけないという事もありませんから、その点についても覚えておきましょう。