毎月の収入が少ないパートでもプロミスを利用できますか?

 

パートで安定収入があれば最大年収換算金額の1/3まではプロミスで借りれる可能性がある

パートやアルバイトで安定収入を得ている人であれば、プロミスを利用してお金を借りるための申し込みができます。プロミスを利用して融資を受けるための条件としては、「20歳以上」で「毎月安定した収入」を得ていることです。

 

 

パートでも借りれるのかしら。収入も少ないんだけど・・・


そのため、パートなどで毎月収入があればプロミスへの申し込みには何ら問題はありません。

 

 

あなたの借りたい金額にもよるんじゃないのかしら・・・


では、収入を得ている金額はどうでしょうか?

収入と返済とのバランスを考えて利用する

 

たとえばパートで働く主婦の場合は収入を得る範囲として旦那の扶養の範囲で止めておきたいと考える人がいます。その場合、年収については多くても103万円までで働いている人が多く、その場合毎月得られる月収にしてもかなり少ないケースが考えられます。

 

 

扶養控除内の収入なんだけど・・・


ではこうした人の場合、プロミスの利用は難しいのでしょうか?この点についても

 

 

年収で100万円あるとすれば最大で33万円迄は可能という事になるけど審査に通過するかは別問題よ!


プロミスを利用するための条件は、あくまでも毎月安定した収入を得ているかどうかであり、収入の金額が多い少ないということについては審査ではそれほど重視されていません。

 

何故なら、プロミスでは総量規制の関係から年収の3分の1が融資を受けられる上限金額となっていますので、年収が少なければその分借りることができるお金も少なくなるからです。

毎月の捻出できる返済額を算出する

 

とはいえ、もともと毎月の収入も少ない状態では返済できる金額も限られてきますので、融資を受けることができる金額についても少ない方が良いかもしれません。プロミスでは最低融資額として10,000円〜となっていますので、

 

 

返済額は毎月5,000円充てるのが精一杯なんだけど・・・


お金を借りる際には少ない金額でも申し込むことができます。あくまでも審査対象となるのは少なくても毎月安定した収入を得ているかどうかであり、その金額が多い少ないということはプロミスの審査ではそれほど影響はしません。

 

 

どれくらいの期間で完済したいのかを決めて利息も含めた金額を算出した金額で申込むのがベストだと思うわ!


もちろん既に別の業者から融資を受けている場合などは審査に影響しますので、これはパートで働いている人に限ったことではありませんが既存の借入状況については常に気を配っておきたいところです。

プロミスで女性は借りれるの?

 

プロミスには消費者金融業者の中でも様々なバラエティに富んだ商品が用意されていることでも有名ですが、そのひとつといえるのが「レディースキャッシング」です。これは、その名の通り女性を対象とした女性専用のキャッシングサービスのことで、キャッシングの契約ができるというものになっています。

 

もちろんプロミスのキャッシングであることに変わりはありませんので、女性専用だからといって金利などに違いがあるわけではなく、レディースキャッシングであっても金利は通常のフリーキャッシングと同様の実質年率4.5%〜17.8%となっています。

 

 

そのため、借入金に対する返済額などに大きな差はありませんが、このレディースキャッシングの特徴は、キャッシングの申し込みはもちろんのこと、返済計画の相談などの対応を、すべて女性オペレータが行うという点にあります。


 

キャッシングに対する意識や認知度については、従来とかなり異なっているとはいえ、それでもお金を貸してもらうことに変わりはないため、女性がキャッシングの利用を申し込む際には多少なりとも不安がつきまとうものです。

 

レディースキャッシングでは、そうした女性特有の不安を少しでも和らげるために、同じ女性が親切かつ丁寧に説明や対応をしてくれるということで非常に高い人気があります。

 

 

特にプロミスの対応力の高さは、実際にプロミスを利用したことのある人の口コミなどを見てみるとよくわかります。


 

レディースキャッシングのもうひとつの特徴は、その人の収入がパートやアルバイトであっても申し込みができるという点にあります。もちろんその場合は、借入できる上限額に制限がありますが、それでも急な出費などでまとまったお金が必要な場合などにすぐに対応できるプロミスはうまく利用すれば生活の強い味方になってくれることでしょう。

 

なお、このレディースキャッシングでの注意点として、融資されたお金の使用目的は生計費に限るという点があります。そのため、遊興費などでお金が必要な場合には利用ができない場合がありますので気をつけたいところです。