プロミスで限度額を高めるにはどうすればいい?

 

プロミスでは融資を行う際の金額を「審査」によって決定しています。最大で500万円まで借りることができるプロミスですが、当然ながら誰が申し込んでもそこまで融資が受けられるというわけではありませんし、人によって借りることができる金額は異なります。

 

 

最大限度額で融資を受けるにはいくら年収が必要なんだ?


具体的にいくらまで融資を受けることができるのかという点については実際に審査を受けてみないことにはわかりませんが、審査に通ることだけを目的とするのであれば最小限の金額で申し込むと良いでしょう。

先ずは返済実績を作る事から

プロミスでは最低融資額は1万円となっており、千円単位で融資を受けることはできません。とはいえ、1万円ではプロミスが得られる利息もほとんどありませんし、融資を受ける側も1万円程度ではプロミスを利用する価値はあまり無いといえるでしょう。

 

 

幾らを目安に申込めばいいのかなぁ?


その為、ここでいう最小限の金額としては10万円をひとつの基準と考えてみると良いでしょう。例えば学生でも安定した収入があればプロミスを利用してお金を借りることが可能です。

 

但し、学生の場合は主な収入源がアルバイトであることから、どうしても会社員や公務員に比べると収入は低くなります。その為、プロミスでは学生が融資を受ける場合の金額としては10万円をひとつの基準としており、言い換えると学生でも「10万円までは融資を受けられる」と考えることもできます。

増額で限度額を引き上げる考え方

こうした理由から最初は10万円で申し込んでその後返済実績を高めて増額を申し込む、といった方法が良いでしょう。因みにプロミスでは専用ATMの利用などで1,000円単位で借り入れることができます。

 

 

5,000円だけでもキャッシングできるのかなぁ?


あくまでも申し込む事ができる融資金額は最低ラインが1万円という事なので少しの金額で借り入れたい場合でも対応することが可能です。また、プロミスの場合大前提として「総量規制」の規定が適用されますので年収の3分の1を超えて融資を受ける事はできません。

 

その為に先ずは少ない金額で申し込んでおいてその後増額するという方法がおすすめです。

プロミスを融資限度額で比較してはいけません!

 

プロミスの融資限度額は500万円になりましたので、他のカードローンの500万円とか800万円などという限度額の見劣りもなくなりました。しかしこの借り入れ可能最高額というのは、カードローンでお金を借りる際はあまり関係ありません。

 

 

なぜなら総量規制後は年収の1/3しか借りられず、最高の500万円の融資枠を貰うには最低1,500万円の年収が必要になってくるのです。


 

ましてや他のカードローンの500万や800万となると年収1,500万円から2,400万円必要になってきてこんなに年収がある方がお金借りるかって話になってきます。

 

ですから金利表記は最小金利より最高金利を見て比較するのがベストです。なぜなら始めに設定される借入枠はだいたい50万円以下で最高金利が適用されるからです。

 

プロミスの場合最高金利が低く、更には初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)があるので一番選ばれるカードローンに君臨しているのです。

プロミスの初回30日無利息サービス

 

消費者金融大手のプロミスでは、現在初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)というものを展開しています。

 

この「初回30日無利息サービス」というものについては、実はプロミスが最初に始めたものではなく、他の消費者金融業者でもこうしたサービスが行われていますが、他の業者の場合10日〜2週間前後であるのに対し、

 

 

プロミスの『30日間』というのは非常に長い期間であるといえます。


 

この30日間無利息というのは、その名の通り30日の間は利息が発生しない、というものです。たとえば10万円をプロミスで借り入れた場合、2020年2月現在の年利17.8%にあてはめた場合、30日間の利息は100000×0.178÷365×30=1463円となりますが、借り入れてから30日以内に返済するとその期間の利息が全くかからないというのが、この初回30日無利息サービスになります。

 

初回30日無利息サービスは、実は消費者金融からすればある意味で「赤字のサービス」であるといえます。プロミスをはじめとする消費者金融の収入源の多くは、キャッシングをするうえの手数料ともいうべきこの「利息」に依るところが大きいためで、その利息がつかない状態でキャッシングをするということは、いわば手数料無料で契約をするようなものだからです。

 

ではなぜこのようなサービスを行っているのか。それは、ひとつはより幅広く顧客を集めるという集客の考え方もあるかもしれませんが、もうひとつは、それでもなお無利息でキャッシングを行うというケースが少ないということもいえます。

 

言うまでもなく最初の30日を経過すれば、その後は通常通りに利息が発生するわけであり、金額の大小にもよりますが30日以内にキャッシングで融資を受けたお金を全額返済できるというケースは決して多くはないといえるでしょう。

 

それでも利用する側からすればこの無利息というサービスは便利なシステムといえます。特に急な出費のため給料日まで支払いが待てない、ただし給料日にはその分のお金が用意できる、といったようなケースの場合、こうした初回30日無利息サービスはぜひ利用したいところです。