在籍確認が電話連絡じゃなく別の方法で確認する相談が出来るプロミス

 

プロミスに限らず、キャッシングを利用するためには審査に通過する必要があります。

 

この審査では申し込んできた人の返済能力を確認することが主な目的となっており、プロミスでは融資を行うための条件として「毎月安定した収入を得ていること」というものが設定されています。

 

そのためプロミスやその他のカードローンの審査の必須項目となっているのが勤務先への在籍確認です。これはプロミスに限らず、消費者金融を利用する場合というのはどの業者でも「安定した収入」があることが条件となっています。

 

安定した収入を得ているかどうか、というのはたとえば「勤務先に勤めているかどうか」ということがひとつの判断基準となるのですが、

 

 

この方法として利用されているのが「電話連絡」です。


この「電話連絡」という方法は、プロミスをはじめ多くの消費者金融で採用されている方法ですが、

 

 

プロミスでは在籍確認を電話連絡以外の方法で対応する相談が可能という違いがあります。


こんな時はプロミスに相談してみよう!

 

職場にほとんど電話が掛かってこない・・・


申し込んできた人の状況によっては、たとえば職場にほとんど電話が掛かってこないといったケースも考えられます。そういった場合個人宛の電話がどうしても目立ってしまうので、後で電話口の方に問い詰められたりしたら鬱陶しいですよね?

 

 

今日会社は休みなんだけど・・・


この場合は在籍確認の電話が繋がりませんので、審査が完了せず会社の営業日まで契約延期ということになってしまい、即日融資の可能性はなくなってしまいます。

 

こうした人の場合は、電話連絡が難しい旨をプロミスのスタッフに相談してみると良いでしょう。プロミスからすれば、

 

 

その人がちゃんと勤務先で勤務実態があることが大切であり、その勤務先に電話連絡をすることが目的ではありません


要は電話であってもなくてもその人が働いていることが確認できればそれが「在籍確認」ですので、電話連絡でなくても他の方法で確認できる事があるので、そちらで確認をとる相談をプロミスではしてくれているのです。

 

この「電話連絡を別の方法で」という相談ができるというのはプロミスならではのことですが、電話連絡を別の方法でしてもらうためには、審査段階で申告する必要があります。

 

実際に電話連絡を別の方法での在籍確認が可能かどうかということについてはその人の状況によって異なりますが、最大限の配慮をしてもらえるのがプロミスという業者なのです。

SMBCグループであることによる在籍確認の利便性の違い

消費者金融といえばどこを利用しても同じ、そういうイメージを抱いている人もたくさんいるかもしれません。

 

 

プロミスはどんどんイメージが良くなっている気がするなぁ・・・


確かに利用限度額や適用される金利についてもそれほど大きな差はなく、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスもそんな消費者金融のひとつである以上はあまり違いはないと思われることでしょう。しかし、

 

実はプロミスには他の消費者金融と異なる点があり、それが経営母体の違いです。消費者金融には大きく分けて銀行の傘下に入っているところとそうでないところの2種類があります。

 

プロミスはこのうちSMBCグループの一員のSMBCコンシューマーファイナンスという消費者金融業者の商品です。

 

SMBCコンシューマファイナンスはSMBCグループの一員であり、このことが他の業者とどういった違いとなっているのでしょうか?

 

基本的には金利や融資可能な金額など大きな違いはありませんが、大手都市銀行であるSMBCグループの一員でいることによって、プロミスは利便性の面で大きな違いがあります。

三井住友銀行をを介した様々なサービス

SMBCグループの一員であるとはいえ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスはあくまでも消費者金融業者であり銀行ではありませんので、借入や返済といった取引のためには専用ATMを利用するか、あるいは提携ATMを利用することになります。

 

 

三井住友銀行のATMを無料で利用できていたとは・・・


プロミスではSMBCグループの一員のSMBCコンシューマーファイナンスとなっていますので、三井住友銀行のATMを利用して借入や返済をする場合には手数料無料で利用することができます。

 

銀行の傘下に入っていない消費者金融の場合でも銀行の提携ATMを利用して借入や返済をすることそのものは可能ですが、さすがに手数料無料での利用はできません

 

利用する側にとっては、取引可能なATMの選択肢の幅が専用ATM以外にも広がるということはそれだけ高い利便性が実現できることにもつながります。SMBCグループにとってもSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスを一員に置くことで

 

 

三井住友銀行ATMの手数料無料利用以外にも

  • SMBCローン契約機からのお申込み
  • 三井住友銀行口座への瞬フリサービスの利用

などの利便性の高いサービスが用意されています。


新たなノウハウや顧客層を獲得することができますので、メリットが大きいというわけですね。