プロミスのレディースキャッシングと通常のカードローンとの違い

 

プロミスには様々な特徴やメリットがありますが、中でも有名なもののひとつに「レディースキャッシング」というものがあります。これは、今までにカードローンというものを利用したことがない女性向けのサービスであり、とかく

 

 

不安なイメージが先行しがちな「カードローン」を少しでも利用しやすいものにすることが主な目的のサービスです。


そんなプロミスのレディースキャッシングの特徴ですが、まず最大の特徴ともいえるのが

 

 

「オペレーターを含めた対応は全て女性が行う」という点です。


プロミスではインターネットで申し込むことができる仕組みが整備されていますが、その後の契約内容確認などでスタッフから電話連絡が入ることがあります。このような場合に連絡をするプロミスの担当者がすべて女性であるため、

 

 

女性は男性と違って同性の方が安心できるという状況は多々あるんだよね。


普段カードローンを利用したことがない女性であっても安心して相談をすることができます。さて、そんなプロミスのレディースキャッシングですが、通常のカードローンを利用する場合に比べてどのような違いがあるのでしょうか?

サービスに大きな違いがないってどういうこと?

 

実はプロミスのレディースキャッシングと通常のカードローンについては大きな違いというのはほとんどありません。

 

融資可能な金額が500万円までであること、適用される金利についても4.5%〜17.8%であることなど、プロミスで利用できるサービスについてはレディースキャッシングでも全く同じように利用することができます。

 

もちろん初回限定の30日間の無利息期間(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も同様に利用することができますので、

 

 

女性向けといっても基本的なサービス内容には全く違いはないです。


サービスに全く違いがないという点ですが、これはプロミス側が申し込んできた人を差別していないということの表れでもあります。

 

 

利用し易いように配慮してくれるだけでも得した気分になれますよね。


また、あくまでも女性がすべて連絡などの対応をするという点がカードローンの利用が初めてである女性の不安をほぐすという目的を考えると、プロミスが申し込んできた人に対して一定の配慮をしていることがわかります。

パート主婦がプロミスのレディースキャッシングに申し込む場合に配偶者に借り入れがある場合

 

配偶者が借入をしている場合、キャッシングの利用が出来ないというわけではありません。一応借りられるようにはなりますし、返済をしっかり行っているなら、問題なく借りられるようになります。

 

 

ただ他の部分で問題を起こしている場合は別であり、特にブラック状態の場合は注意が必要です。


 

ブラックの場合は全ての会社から借り入れを断られている可能性があり、同じ住所である人が申込みをすると利用することが出来なくなります。

 

これはブラックとなっている配偶者と、同じ住所の時点で信頼が無くなっているからです。従って住所地が同じ人がブラックになっている場合、他の人も借りられない可能性が高くなります。また借りている人が返済遅延を起こしており、事実上ブラックの一歩手前になっている時も、借入を断られる可能性があります。

 

これも住所が同じであるために出来ない状態となっているので、借りたい場合は住所地を別にしなければなりません。ただ配偶者という関係にある以上、借りられない可能性は非常に高いのです。従って借りられないとされているなら、

 

 

諦めるということも考えることになります。


ただ延々とこの状態が続くわけでもありませんし、割と長い期間待つことによって、ブラック状態は解消されます。解消された後なら借りられるようになるので、とりあえずはこの期間まで待つことになります。配偶者の方が借りているだけならいいですが、

 

 

返済遅延やブラックの場合は借りられない可能性が高いです。


プロミスのレディースキャッシングも利用実績は信用情報機関に登録されている

 

消費者金融のカードローンでキャッシングを利用する為には、契約審査を通らなければなりませんが、申込書へ記載した個人の属性によるスコアリングの他、消費者金融はそれぞれ信用情報機関への登録情報の確認がなされます。

信用情報機関に登録されている信用情報って?

この登録情報が審査が通る通らないに大きく影響することは間違いありません。個人が利用している消費者系・銀行系カードローンの利用実績や、クレジットカードの利用実績は、各信用情報機関へ登録され管理されています。

    日本国内にある信用情報機関は、

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

の3つです。信用情報機関へ登録される情報は様々です。

  • 氏名・年齢・住所・電話番号・勤務先・免許証番号までを含んだ基本的な個人情報
  • 住宅ローンやマイカーローン、消費者金融・銀行カードローンやクレジットカードの利用実績

までもが詳細に登録されているのです。カードローンなどの利用実績については、良いことも悪いことも情報としてのこります。良いことに関しては、記録には残りませんが、記録が無い=イコール良いことなのです。

悪い信用情報とは?

 

悪いことの代表が、返済の遅延などです。返済をし忘れた、返済日に口座にお金が入って無かったなど、理由はともあれ返済が滞ったことについては全て登録され、個人の悪い情報として登録されてしまいます。

 

 

場合によっては、5〜10年もの長い間、情報が残るケースもあります。


消費者金融へカードローンの申込みをした後、信用情報機関で確認される項目の中で大きく影響することは、やはり前記にある返済履歴となると思います。問題なく毎月確実に返済されている記録若しくは記録がない状況では全く問題ありません。

審査に影響する信用情報

返済が確実になされていること=返済が見込める方との判断材料となるからです。逆に返済が滞った記録が登録されている場合、新たな契約審査に大きく影響することは間違いありません。

 

カードローンを一度も利用したことがない方の申込みの場合でも同様に確認がなされます。

  • 信用情報機関へ利用状況の登録が無い
  • クレジットカード等まで含めて支払が滞った情報登録が無い

のであれば、個人の属性からのスコアリングからの審査・判断になります。安定した収入や勤続年数が長い場合ケースでは、問題なく契約審査が通る可能性は高いと考えます。

プロミスレディースキャッシングを申込みした体験談

女性の対応に好印象

プロミスレディースキャッシングは、女性専用のキャッシングなので女性にとってとてもキャッシングがしやすいと感じるでしょう。やはりレディースキャッシングとネーミングがついていると、他のキャッシングよりもお得なイメージがするので

 

 

魅力があるように思ったのです♪


私は、ちょっとしたトラブルで急にお金が必要になってしまったのです。そんな時、たくさんのキャッシング出来る会社を見比べてプロミスを選びました。私は初めてのキャッシングでしたので不安で仕方なかったのですが、

 

 

怖い感じの人の対応だったらどうしよう?


女性専用ダイヤルがあったおかげで勇気を出してキャッシングをするための電話が出来たのです。プロミスレディースキャッシングでは、電話回線が別になっていて女性が借りやすいように、すべての対応が女性になっていてとても優しく応対してくれました。

女性が嬉しいサービスも充実

私はパートで働いているので、キャッシングが出来るか心配でしたが、借入が出来ると言われて本当にうれしかったです。そしてとても優しくキャッシングの方法を教えてもらえました。ですから、同じキャッシングをしようと思ったなら絶対に

 

 

プロミスレディースキャッシングが安心です。


そして、うれしいことにプロミスで新規で契約をしたので、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)でキャッシングが出来たのです。ですから、なんとか30日以内で返すことを考えて頑張ってお金を貯めました。

 

無事に次のお給料が入ったので全額を返済できました。30日間も無利息期間があることは、本当にありがたいと感じました。

 

 

無利息で利用できるなら知人に借りるより良いです。


これで、またお金が借りたいと思った時でも、気軽にプロミスレディースキャッシングで借りられると思いました。とても気持ち良くキャッシングと返済が出来たので、また機会があれば利用してみたいと思っています。