プロミスがパートやアルバイトから人気の理由

 

プロミスは幅広い層から人気がありますが、中でも特に高い人気があるのが「パート・アルバイト」の層です。なぜこうした層から高い人気を集めているのかといえば、ひとつはインターネットだけで申し込みから契約まで手続きを進めることができる

 

 

「WEB完結」の存在が大きいといえます。


この「WEB完結」は返済方法が口座振替のみであるという条件こそありますが、カードを発行してもらうこともなく、郵送物がプロミスから送られてくるということもありませんので、家族など周囲の人に利用がばれにくいという特徴をもっています。

 

 

誰にもばれずに借りれたよ〜ん♪


さらに、プロミスの「WEB完結」の最大のメリットは、在籍確認を電話連絡以外の方法で相談できるという点にあります。

プロミスの配慮とは?

 

プロミスの在籍確認の方法は基本的にはスタッフが勤務先に直接電話連絡をするといった方法になります。その際には「プロミス」という会社名を名乗らずに個人名で電話をかけてくるため、勤務先の人にプロミスを利用することが伝わりにくいという配慮をしてくれます。

 

 

バイト先には本当に知られたくなかったんです・・・


とはいえ、会社員や公務員などであれば外部からの電話連絡があっても特に不自然ではありませんが、パートやアルバイトで働いている人が勤務先に電話が入ることは極めて不自然ですよね。

 

 

WEB完結で電話連絡以外の方法を相談できました。


そこでプロミスでは在籍確認を電話連絡以外の方法で相談できるという仕組みを採用したWEB完結での融資が可能となりました。

 

ここまでインターネットが普及した現代では、インターネットを利用した申し込みに対応したキャッシング業者は決して珍しくはありませんが、郵送物や電話連絡まで配慮した申し込みとなるとプロミスのWEB完結を除いて他社のサービスでは考えられません。

 

パートやアルバイトの人に人気があるのも、ここまで手軽に申し込むことができる仕組みが整備されている点が挙げられます。もちろんここまでスリムな手続きでありながら、審査についても決して手を抜かないのがプロミスの優れた点です。

アルバイトでお金を借りる前にそのための条件を確認しよう

 

アルバイトで働いている人でもお金を借りることはできますが、その場合には様々な条件があります。

 

まず、最も基本ともいえるのがその仕事をどれだけ続けているか、という点です。そのアルバイトを始めてまだ1ヶ月、という状態で銀行や消費者金融に申し込んだとしてもおそらくお金を借りることはできないでしょう。

 

始めてまだ1ヶ月ということであれば、ともすればバイト先から給料すらもらっていないという状態も考えられます。

 

 

確かに「アルバイトをしている状態」に変わりはないかもしれませんが、まだこの段階ではお金を借りることができる状態ではありません。


 

アルバイトの人がお金を借りるためには、およそ1年以上は同じ仕事をしていることが望ましいでしょう。業者によっては半年以上でも可としているところもありますが、アルバイトの場合はどうしても雇用形態が正社員に比べると不安定な部分がありますので、勤続期間については長いほど、

 

 

お金を借りるための審査では有利となります。


 

次に「本人確認」です。それとアルバイトの場合はどうしても年収の金額が低いためあまり高額のお金を借りることができません。

 

しかし、それでも本人確認が不安な人間には融資を行うことができません。ここでは運転免許証などがあれば特に問題はありませんが、できればそのアルバイト先から発行された

 

 

健康保険証などがあればさらに信用度を高めることができます。


 

アルバイトであっても希望すれば保険に加入できますので、お金を借りるかどうかは別にして勤務先に相談しておいて損はありません。これらの条件をクリアすることによって消費者金融に申込み、審査を受けることができるのです。

 

当然ながら本人確認書類が用意できない場合にはお金を借りること自体ができなくなるのです。忘れてはならないのが「経歴」です。過去にお金を借りていたのであればその利用実績に問題はなかったのか、滞納などをしていないか、こうした点も審査では確認されます。

 

また、クレジットカードを持っているのであればその支払い状況にも問題はないかという点についても確認されますので、あらかじめ見直しておく必要があります。

パートでもカードローンの利用申し込みにおいても特に問題がない

 

パートは、主に主婦の雇用形態のひとつとして各企業で利用されていますが、最近ではパートであっても利用できるカードローンが増えてきました。パートという雇用形態は、

 

 

得られる収入はともかくとして時間的な制約が少ないということで多くの人がこの形態で仕事をしています。


 

カードローンを利用するためには、一定の収入を得ていることが要件となりますが、パートの場合は毎月一定の収入を得ることができますので、パート・アルバイト消費者金融のカードローンの利用申し込みにおいても特に問題がないといえます。

 

ただし、銀行などによってはパートで収入を得ている人の場合はカードローンの利用ができないと定めているところもありますので、実際に融資の利用を申し込む前に確認をした方が良いかもしれません。パートで収入を得ている人がカードローンを利用するために必要なものとしては、

 

 

まずは運転免許証などの身分証明書です。


 

このあたりは正社員で働いている人と特に変わりはなく、運転免許証や健康保険証などがあればそれで問題ありません。次に問題となるのは、勤続の期間です。

 

 

パートの場合は安定した収入があるとはいえ、正社員として勤務しているわけではありませんので、ある意味不安定な勤務形態と考えることができます。そのため、その仕事を始めてまだ日が浅い人の場合は、カードローンの利用ができないケースもあります。

 

具体的な勤務の期間についてはそれぞれのカードローン業者ごとによって異なりますが、一般的には半年以上あればアコムマスターカードでも問題ないでしょう。カードローンを利用するにあたっての次の問題点は、パートで得られる収入の金額です。

 

 

パートと一言でいっても、その働き方には様々なものがあり、仕事の内容によっては得られる収入が大きく異なります。


 

もちろん数万円単位で収入が得られる場合がほとんどなのですが、あまりにも収入が少ない状態でカードローンの申し込みをした場合には、やはり審査に通らないといったことが考えられます。

 

パートの融資に対応している業者であっても必ずしも利用ができるとは限らないですし、専業主婦ならなおさら専業主婦キャッシングしか申込みできないという不便さはあります。