プロミスの審査で重視される項目の違い

 

プロミスで融資を受ける際には審査に通過する必要がありますが、その審査基準についても他とは違う部分があります。そもそも審査基準というものはプロミス独自のものであり、他の消費者金融業者と比較して異なる部分があって当然のものです。

 

 

プロミスの審査を通過する為に気をつける点って何かなぁ・・・


また、プロミス独自のものであるという関係から一般的に公になっているものではないという点は前提として考えておく必要があります。更にプロミスがSMBCグループの系列企業であるとはいえ、消費者金融業者のひとつである以上は

 

 

フリーキャッシングの申込みには総量規制の事も考える必要があるわよ!


貸金業法の規制を受けることになりますので他の消費者金融業者と大きくかけ離れた審査を行っているというわけでもありません。その上で他の消費者金融との審査基準の違いをどこで判断するのかといえばプロミスのホームページに掲載されている3秒診断です。

3秒診断で何がわかるの?

これは、ホームページ上のフォームに

  • 年齢
  • 年収
  • 現在の借入金額

を入力すると融資可能かどうかがすぐに判断できるという仕組みのものです。他の消費者金融業者と比較してみると例えば、

アコムの場合は

  • 年齢
  • 既婚・性別
  • 現在の借入金額

という項目が並んでおり、ここでは年収についての確認は行われていません。つまり、ここからプロミスは審査基準として年収を重視している傾向にあるということがわかります。プロミスをはじめとした消費者金融が審査を行うのには融資を行った相手が

 

 

無事に返済してもらえるかどうかを判断するという目的があります。


そのうえでプロミスでは年収、つまりは安定した収入があるかどうか、そして借入金額とのバランスはどうなっているのかを審査で重視しているといえます。プロミスの3秒診断はあくまでも入力した情報だけに基づいて融資可能かどうかを判断しているだけであり、

 

 

年収はプロミスの審査で重視している項目のひとつってことかぁ・・・


ここで融資可能と判断されても、その結果がそのまま反映されるわけではありません。それでも3秒診断で設定されている項目と実際の審査基準とで大きくかけ離れた設定ではないと考えることができます。

お金が借りられない!プロミスの審査に通らないケースはこんなケース

 

プロミスでは融資を行う前に審査を実行し、返済能力などに問題がないかを判断したうえでお金の貸付を行っています。プロミスで行われる審査はスピーディーなものとして一般にも広く知られていますが、その審査に通らないケースとしては主に以下のようなものがあります。

 

 

  • 既に多くの業者から融資を受けている
  • 短期間に複数の業者に申し込んでいる
  • 過去に利用した融資において滞納などの経歴がある

このように、プロミスの審査で重視されるのは「プロミス以外の業者との関係」です。プロミスに申し込む側からすれば、テレビや新聞などのメディアで広く知れ渡っているプロミスの存在を知っていても、プロミスとすれば申し込んできた人のことを知りません。

 

もちろんプロミスと申し込んできた人との関係は「お金を借りるかどうか」ということに特化していますのでその人がどんな性格の持ち主であるか、あるいはどこの学校を卒業しているのか、そんなところまで調べる必要はありません。

 

ただ、融資を行う関係から過去にどのような経歴でお金を扱ってきたのか、そしてプロミスで融資を行うとすれば問題がないかを判断するためには

 

 

プロミス以外の業者との関連性を確認することが最もシンプルで手軽ということになります。


もちろんプロミスの審査で確認される項目はそれだけではありませんが、実際に融資を行うにあたりプロミスが重視している項目としては間違いなくこうした点があります。また、過去の経歴に問題がない場合であっても短期間にプロミスを含め

 

 

複数の業者に申し込みを繰り返している人の場合は審査ではマイナス材料となります。


プロミスに限らず、複数の業者から借入を受けているという場合にはそれだけでも返済が難しくなりやすいものですが、短期間のうちにこうした業者に申し込むということがプロミスの審査にとって悪印象ととられるからです。

 

プロミスは誰でも手軽に申し込むことができる消費者金融業者ですが、申し込む前にプロミス以外の業者との関係についても今一度見直してみると良いでしょう。