外人(外国人)はプロミスに申込める?

 

外国人が日本に来て驚くのがその物価の高さだそうですが、それに伴って外国人でもキャッシングを利用したいと思ったときに気になるのが審査条件となります。まず日本人と外国人でのキャッシング審査で大きく違う点についてですが、最低限の条件として

 

 

日本語をかなりの程度に理解して読み書きができないと審査はできないという点があります。


 

またもう一つ必要な条件としては、

 

 

該当の外国人が永住権を持っていないといけないという点は非常に重要です。


 

この条件以外にも必要となる書類を提出する事で初めて審査が可能となります。

属性的に不利になる理由とは?

実際には様々な理由で外国人がキャッシングなどに申し込んでくることも多いそうですが、

 

 

永住権がないなんて審査しようがないなぁ?日本語の理解もイマイチだし・・・


このような基本的な条件を守れていない場合もあるそうで、それは返済能力以前の問題として当然ですが、

 

 

日本人と比較しても属性的に不利になる可能性は否めません。


さて今回はプロミスの審査についてのお話ですが、当然このような日本語への理解や読み書きの能力、そして永住権が必要になるのは当然になります。

外国人の申込条件と必要な書類について

 

このとき外国人の人が必要になる書類については公式ホームページ上に明記されており、

 

「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)と書かれています。

 

この二つの条件を満たして初めて普通の日本人と同等の審査がプロミスでもおこなわれますが、当然普通に審査ということで返済能力としての安定した職業や年収が求められます。また必要書類としてはさらに、

 

運転免許証がなければ健康保険証もしくはパスポートなどの身分証明書が必要になります。

 

なので、事前にホームページ上や窓口で相談するのがいいでしょう。以上のような条件を全て満たしているのならば、外国人でもキャッシングに申し込むことができますし、

 

 

即日審査や即日融資までも条件次第では可能です。


 

審査についても日本人と同じ条件となっており、信用情報機関からの履歴を参照されたりします。当然ですが、プロミスでは総量規制の対象となっているので年収の1/3は借入できないのは外国人でも同じです。

業者から見た外国人の審査のポイント

外国人でもキャッシングできる!?

外国人のキャッシングに対する審査は、表向きは日本人と同様ということになっています。しかし、現実的には業者にとって、外国人に対するキャッシングは慎重に成らざるを得ません。

 

何故なら、外国人は例え審査をパスしたとしても、急に帰国するというリスクがあります。外国人が急に帰国した場合には対抗する手段が無いからです。

帰国してしまう恐れがあるというリスク

 

例えば、50万円キャッシングした外国人が急に帰国して返済が滞った場合に、帰国した本人に連絡する手段がありません。また、仮に本国の居所が分かったとしても、50万円を取り戻すために費用が幾ら掛かるか分かりません。

 

勿論、民事上のことですから、両国の警察にも相談できません。従って、この様なケースは貸し倒れになる場合が多い訳です。従って、外国人のキャッシングに対する審査は慎重なのです。

帰国しないと証明できるものがあれば申込可能

 

外国人に対する一般的な審査基準は、基本的には外国人登録証(在留カード)と1年以上のビザがあって定職があり定期的な収入があれば申し込みは受け付けてくれ即日融資も可能になってきます。

 

そして、日本人の審査と同じで、職業や収入や家族状況・住居の状況などが総合的に審査されます。しかし、現実的にはクレジットカード・銀行カードローン・消費者金融会社のカードローンなどの審査をパスできない場合が多い様です。

 

つまり、業者から見た外国人の審査のポイントは、日本人に比べて急な帰国などによる貸し倒れ比率が高いということなのです。但し、一定の基準をクリアした場合に、日本人と同様に審査してくれる銀行や消費者金融会社があることも事実です。

編集部の外国人に対するキャッシングのメモ

 

やはり外国人に対する審査は厳しいものがあります。キャッシング業者にとって一番怖いのが回収不能になることなので、

 

 

海外に出られると追跡するのが非常に難しい。


 

ですから帰国したまま帰ってこないという可能性のある外国人は、プロミスやアコム、SMBCモビットなど審査を受けさせてもらえるのですが、通過するのはかなり難しいと言えます。

 

 

しかし逆に言えば日本での生活実態を証明し、日本に居続けることを立証できればそれは与信があれば日本人と同じでプロミス等からでも借りることが可能になってくる訳です。


 

でも借りすぎにはは注意が必要です。日本人なら長年掛けておまとめローンで返済していくという最終手段もありますが、外国人に対してそこまでの信用はないでしょう。

 

ですから外国人が借入をする際は消費者金融で返済可能な額だけを借りることを前提に審査を申込んでくださいね。そうすれば即日キャッシングも可能になりますので外人でもお金を回しやすくなります。