学生がプロミスなどの消費者金融でキャッシングを行う際の条件とは?

 

学生がプロミスなどでキャッシングを行う必須条件

 

学生であってもキャッシングの利用は可能ですがいくつかの申込み条件があります。


 

まず、アルバイトをしていることであり、給与面に関してはそれほど見られませんが、アルバイトを始めてから長い期間が経過している方が収入面で安定していると判断され、プラスに働くことが多いです。つまり、学生がキャッシングを行う為の絶対条件とも言えます。

 

次に、年齢が20歳以上であるということが必要になってきます。未成年の契約事は民法により保護されていますので、後でも保護者や法的後見人により破棄できるので、カードローンは未成年者とは契約しません。

学生のキャッシング申込みに必要な書類とは?

 

お申込み条件が理解できたところで、次にお申込みに必要な書類について見ていくと、学生の場合も、一般の方と同じく運転免許証が本人を確認する為の書類となるわけですが、もし運転免許証がない場合は学生証も会社によっては可能です。

 

 

収入を証明する書類に関しては学生という身分上、キャッシング可能な金額が大きくならないので大抵の場合必要ありません。


 

しかし、学生という立場上、キャッシングの審査では一般の方と比べると不利であることは間違いなく、それは学生の場合、キャッシングやクレジットカードの利用経験が少ないことが多く、信用に関する情報が不足しているからです。

キャッシングの審査でクレジットカード利用がプラスとなる理由

キャッシングの審査では信用に関する情報も審査項目として含まれています。そのため、キャッシングを行ったことがない方よりもキャッシングの経験者であって、それをきちんと返済している方のほうがプラスに見られます。

 

 

利用実績があるほうがプラスになるのは何故かなぁ・・・


これは学生でも例外ではないのです。ということは、学生の方がキャッシングの審査で少しでも通過しやすくするためには、クレジットカードを利用して綺麗なクレジットヒストリーを作ることが重要だと言えます。

学生による消費者金融の選び方と申込みの注意事項

 

ただ、一般の方と比べると収入が少ないのは間違いありませんので、お申込みの際には最低ラインの限度額とすることが大事であり、申込む会社もあまり名前を聞かない会社よりもCM等で流れている大手の会社を選択する方が無難です。その他にも、

 

  • お申込み書類に嘘は書かないこと
  • 審査で不合格となった直後の別の会社へのお申込みは避ける

 

ことが挙げられ、特に後者に関してはこれをやってしまうことによって信用に傷が付くばかりか消費者金融側から見れば、

 

 

そこまでしてお金が欲しい理由は何だろう?


 

といった感じで初めから疑いの目で見られてしまうので万が一、審査で落ちたならば、その後の半年ぐらいは別の会社へのお申込みは避けるようにして審査通過後にはきちんと計画を立てた上でキャッシングを行っていくと良いでしょう。

学生でも親にお金を貸してと言われても出せるお金に限度がある

 

 

もし、親からお金を貸してと言われたとしたら・・・。


 

やはり一番の問題はその金額でしょう。いくら貸したくても無い袖は振れません。因みに我が家が親に貸せるのは50万円位です。

 

短期間(半年〜1年)で返してくれるなら100万円まで貸せますが、もし、うちの家族の誰かが入院したりしたら焦るでしょう。これから親も益々年を取っていきます。

 

今のところ夫の両親も私の両親も年金やら貯金やらで暮らしていますが、老人ホームに入るような時、長期の入院など、いずれも70代後半から90歳までなので、そんなことがいつ起こるかわかりません。

 

 

50万円では老人ホームの入居金には遥かに足りません。


 

でも、今迄子供である私達や孫達が散々世話になっているので、そんな親の為なら何でもしたいという気持ちはあります。また、中には夫の両親に対しては微妙な感情を抱いている人もいると思います。

 

悲しいことですが、嫁姑の仲が上手くいっていないと、綺麗ごとを言っている場合ではありません。そんな場合は自分の親にはお金をかき集めても、夫の親には渋々・・・となるのも仕方がないことでしょう。

 

ただ、いずれにしても子供に借金を頼むのはどちらの両親でも余程のことで、生活費にしろ、事業に失敗したにしろ、急病で入院したのと同じ意味があると思います。

 

つまり、年だけに命に関わる事態だから子供に借金を申し込んできたと思われるからです。私は借金の話が来たら、正直に50万円しか出せないことを話し、返してもらえることは期待せずに50万円渡すと思います。

学生同士で友達にお金を貸して欲しいと言われたら?

 

人生を送るときは、友人関係は非常に重要になりますので、できるだけ友達を増やすことが大切になります。最も信頼することができるのは家族に違いはありませんが、友人は困ったときには助けになってくれますし、社会人になってから友人関係の繋がりで仕事が成功することもあります。

 

友人関係はできるだけ築いていきたいものなのですが、場合によっては友人関係がおかしくなってしまうこともあります。友人関係がおかしくなってしまうときの理由に多いのが、お金の貸し借りによって友人関係がおかしくなるということです。

 

 

友人にお金を貸して欲しいと言われてしまったときの対応によって、大きく友人関係が変わってしまうことがあります。


友人にお金を貸して欲しいと言われてしまったときに、まず注目する必要があるのが金額についてです。友人が貸して欲しいと言っている金額が少額のときは、貸してあげるのも対応の一つです。お金を貸すと期日を忘れてしまうことが多いので、いつまでに返済できるかは事前に決めるようにしましょう。

 

 

借金の催促は心苦しいところもあるのですが、返済期日が迫っているときはこちらから連絡して返済してもらうようにしましょう。


友人が貸して欲しいと言っている金額が高額のときは、当然ですが断らなければなりません。断るときは、友人を傷つけることがないようにしながらも、はっきりと断ることが大切になります。しつこく貸して欲しいと言われてしまったときは、毅然と貸すことができないと言いましょう。

学生なら他に集中できる事を探してみよう

 

 

私は一年前のちょうど今頃、パチンコにハマっていました。


最初は、パチンコ好きの彼氏について行くだけだったのですが、あまりに退屈なので、そのうち私も打つようになり、遂には、こちらから彼を誘うようにまでなってしまいました。当時の私は完全に中毒化していたと思います。しかしある日、

 

 

彼が突然パチンコを止め私をドライブやショッピングなどに連れ出してくれるようになり


そうするうちにいつの間にか、パチンコのことは私の頭から消えていました。今思えば、私を心配した彼が、自然な形で、パチンコから救ってくれたのかもしれません。ですので、私のお勧めは、彼氏、彼女がいないなら、すぐにでも作って、パチンコ以外で二人で楽しい時間を過ごすことです。

 

既にお相手がいらっしゃるなら、思いきってパチンコが止められない、と打ち明けて、パチンコ以外の場所に、連れ出してもらうと良いのではないでしょうか。もしくは、

 

 

朝から晩まで一日アルバイトをするなどして自らを拘束状態に課しパチンコのことが、頭から綺麗さっぱりなくなるまで励んでみる


というのはどうでしょうか。数年前までは、パチンコとは全く無縁の生活を送られていたと思われますので、その頃の状態に戻るだけのことです。止められないと悩まれているだけ、立派だと思います。

 

私は止められない自分に気付かず、罪悪感の欠片すらなかったのですから。今も冗談で私の方から誘ってみることがありますが、彼は全くのってくれないので行くことはありません。

学生のカードローンQ&A

就職内定の学生はカードローンの審査に通るのか?

4月から新社会人として就職が決まっている者です。実家を離れて一人暮らしをすることになっているのですが、一人で暮らすためにまとまったお金が50万円ほど必要なんですが、貯金がなくてどこかからお金を借りようと考えています。

 

そこで質問なんですが、私は就職先こそ決まっているものの、現在のところまだ正式に勤めているわけではありません。そんな状態でもお金を借り入れることってできるものなんでしょうか。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用しようと思って申し込んだところ、現段階では難しいという回答がありました。もし可能であればどんなところであれば借入を受けることができるのか知りたいと思います。よろしくお願いします。

事情はよくわかりました。ですが、質問者様の現状ではおそらく借入を受けることはできないでしょう。以下にその理由を説明します。

 

まず、4月から就職ということであれば、現段階では「収入がない」状態と同じです。あくまでも内定とは勤務実績とはカウントされませんので、申し込み時に勤務先として就職予定の社名を書いたとしても審査の段階で通りません。

 

また、借入というものは「前年度の収入」が基本となりますので、仮にアルバイトなどで収入を得ていたとしても50万円には届かないでしょう。

 

アルバイトで収入を得ていれば、その分に対して融資を行ってくれるところもあるかもしれませんが、それでも多くて20万円といったところでしょうか。3社ほどかけもちすれば50万円に届くと思うかもしれませんが、同時期に複数社から借入があるという段階で審査は厳しいものになると思います。

 

まして、「就職予定」の人に融資を行うところはほとんどないでしょう。

 

そのうえで、もしどうしても50万円用意しなければならないということであれば、親に保証人になってもらい銀行で融資を受けるという方法しかありません。ただし、親に相談する段階でどこかから借入を受けるのではなく親から借りるという選択肢も考えておきましょう。

学生が親に頼らずカードローンを作るにはバイトなどの定期的収入が必要です。専業主婦が借りれるのは旦那の収入があるからですのでこれは学生には適用されません。

海外留学なら現金よりカードの方が便利

 

留学で海外へ行くとなると日本とは違い生活が一変しますよね。不慣れな土地で多額の現金を持ち歩くのは不安です。

 

また留学先によっても違いがありますが、海外で買い物をするとき、カードで支払いをするのは一般的なもの。ぜひクレジットカードは持って行きたいものですね。

学生はクレジットカードが作れるのか?

気になるのは、学生でもクレジットカードが作れるかということ。アルバイトはしていたとしても、毎月安定した収入があるわけではないですから。しかし、クレジットカードにもいろいろな種類があります。

 

ゴールドカードのような、高収入でなければ作れないものもあれば、その逆に審査もゆるく学生でも申し込めるカードというのも多数あります。そういったカードだと学生でも安心して作ることが出来ます。

 

学生が作るカードとしておすすめできるのは、年会費が掛からないカードでしょう。収入も少ないのにカードを持っているだけで年会費で1500円近く掛かってしまうのは非常にもったいないですよね。

 

初年度、年会費共に無料というカードを選びたいものです。学生がクレジットカードを申し込む時に記入しなければならないのは、

 

  • 学校名
  • 学年
  • 卒業年月日
  • そして保護者、親権者の住所・電話番号

 

です。年収という項目もありますが、学生の場合0(無し)としても大丈夫です。通常なら、記載事項に嘘、偽り、間違いなどなければ、審査は通るはずです。

 

ただ、親権者が滞納していたり、カードが止められているなどといった信用に問題がある場合には、学生カードも審査が通らなかったという場合もあります。カードの申し込みをする前に、親権者に確認しておいた方が安心ですね。

年末調整がない場合は注意!学生でも確定申告を

 

学生のアルバイトで、給与から源泉徴収されている場合は支払った税金が戻ってくる可能性があります。アルバイト先が年末調整してくれれば問題ないのですが、もし、年末調整が行われていなければ、確定申告をして余分に払っている税金を払い戻してもらえます。

 

 

ただし、条件があって、1月1日から12月31日までの1年間にアルバイト代が103万円を越えないことです。


 

年の途中でアルバイトを辞めていたり、2つのアルバイトをかけもちしていた場合は源泉徴収されたままになっている可能性が高いので、アルバイト先に申し出て、源泉徴収票を発行してもらいましょう。

 

辞めたところでも郵送してもらえます。かけもちの場合は合計で103万円までです。学生に限っては「勤労学生控除」といって条件が揃えばさらに27万円の控除が受けられるので、合計130万円までは所得0円ということで所得税がかからないことになります。

 

 

ここで、注意が必要なのは、両親などの扶養に入っている場合、アルバイト代が103万円を越えると、扶養から外れ、扶養している側の税金がかなり増えてしまうので103万円までに抑えるのがいいでしょう。


 

確定申告の還付手続きは1月1日から5年間有効ですので、税務署の混み合う時期を避けて手続きに行くのもおすすめです。住所のある所轄の税務署に行き、手続きをします。

 

必要なのは、アルバイト先からもらう源泉徴収票、還付してもらうための銀行口座情報、印鑑(シャチハタ以外)です。書面に記入して提出してからおよそ1ヶ月〜1ヶ月半ほどで還付金が口座に振り込まれます。

学生でも支払う可能性がある税金と社会保険料

 

学生でも、たくさん稼ぎすぎると税金や社会保険料を払わなければならない場合があります。

 

 

まずは住民税ですが、これは年間の給与収入が100万円以上になると徴収されることになります。


 

例えば、東京23区だと都民税と区民税合計4,000円くらいになります。

 

 

次に所得税ですが、これは1年間の所得に対してかかる税金で、基礎控除額38万円と給与所得控除額65万円の103万円を超えるとかかります。


 

但し、学生は103万円を超えても27万円分控除される勤労学生控除という制度があるので、103万円と27万円を足した実質130万円を超えた場合に発生するものと考えていいと思います。

 

所得税の計算は、例えば年間の給与収入が140万円だったとすると、140万円〜130万円の10万円が課税所得になります。この課税所得10万円の10%の1万円が所得税として徴収されることになります。

 

 

そして、国民健康保険料ですが、これは簡単に言うと、病院に行ったときに出す保険証をもらうために支払うもので、年間の給与収入が130万円を超えると発生します。


 

保険料は、平等割+均等割+所得割+固定資産税割の合計で計算され、全国の自治体によってそれぞれの金額が違っています。例えば、東京23区だと年間の給与収入が140万円の場合、年間でおよそ6万円分が自己負担として徴収されることになります。

 

このように、学生でも稼ぎすぎると税金や社会保険料を支払うことになるので、学生のみなさんはこのようなことを考えながら稼いでほしいと思います。

学生のお金の有効な使い道

 

 

学生時代って結構意外とお金がかかりますよね?


 

もし、あなたが学生さんで一人暮らしをしているのであれば、きっとかなりの家賃や食費・光熱費・遊興費などが掛かるはずです。

 

そのために、アルバイトをしてお金を稼いでいるという方もたくさんいらっしゃるはずです。もちろん、学生さんにとっては勉強が一番大切ですが、

 

 

勉強ばかりしているというわけにもいきませんよね?


 

例えば、たまには息抜きでお友達と遊ぶことも必要です。そんなときには当然、遊興費がかかりますよね?その場合には全く無駄遣いとは言いませんし、むしろ有効なお金の使い方ではないでしょうか?

 

お金の有効な使い道ってかなり難しいのですが、ときにはお友達の方と楽しく過ごすのもすごく大切なことになります。さらに、学生さんは就職活動もしなければいけませんよね?その際に、結構なお金がかかると思います。

 

 

当然、面接に行くまでの交通費であったり、食費やその他履歴書など、いろんな費用がかかると思います。もちろん、これらは全く無駄な使い方ではありませんのでお金の有効な使い道になりますよね。学生さんの中には、将来に備え、今のうちから貯金をしている方もいらっしゃるはずです。

 

やはり、何があるかわからない人生ですので、できるだけたくさんの貯金を学生時代からしておきたいですよね?学生さんにとって、お金の有効な使い方というのは難しいかもしれませんが、それでも、学生のときに貯金を多くしておくのは、非常に素晴らしいことではないでしょうか。

学生のカードローン利用体験談

学生ですが授業料の支払に困った

 

せっかく受験勉強を頑張って志望する学校に入学しても、途中で授業料が払えなくなって退学するという学生さんはよくいます。このご時世、授業料を払ってくれている父親が急にリストラされたなど様々な家庭の事情などで学費が払えなくなるケースは非常に多いんです。

 

でも学費が払えなくなったからといってせっかく入学した学校を退学するというのはちょっと待ってください。授業料が払えなくなった場合、まず最初にやるべきことはすぐに学校へ相談しましょう。

 

大学を例に取ってみると、ほとんどの大学が授業料免除や分納、延納という3つの制度が用意されています。これらの制度を利用するためには大学での本人の成績や家庭の収入状況などいろいろ条件はありますが、その条件を満たしていれば申し込みをすることが可能です。

 

審査に通ればこの3つのいずれかが認められます。3つの違いは以下です。授業料免除は支払いをしなくていいということで、分納は授業料を分割して支払いをするということ、延納は支払い期日を一定期間延ばすことができるということです。

 

授業料免除が一番ありがたいですが、分納や延納もありがたいですよね。延納は一定期間支払いを延ばしてもらえるので、その間にアルバイトをして授業料にあてることができるからです。

 

せっかく苦労して入学した学校ですから、授業料の支払いに不安がある場合は早急に学校へ相談してみてください。授業料が払えない相談は決して恥ずかしいことではありませんよ。


お金がない学生でも旅行に行ける?

 

お金がなくて、旅行に行けないと悩んでいる学生さん、諦める必要はありません。お金がなくても、十分、旅行に行くことが出来ます。学生という、比較的自由に時間を使えるうちに、いろいろな国や、地域を見ることはとても勉強になると思います。

 

社会人になってからも、何かの役に立つことが多いです。一番、速い方法は、やはり両親に頼んでお金を貸してもたうことだと思います。でもやはり、大学生ともなれば親に頼らずに一人で旅行代金ぐらいどうにかしたいですよね。

 

そこで、おすすめするのが、トラベルローンです。海外旅行などの高額な旅費がかかるときにはぜひ、利用してみて下さい。このトラベルトローンは、学生ですと金利が低く設定されています。

 

特に旅行会社のHISは比較的安い値段で、旅行に行くことが出来るのでおすすめです。HISにも、もちろんトラベルローンは用意されています。クレジットカードを持っていなくても、1回の旅行に限り、分割払いが出来るローンです。

 

月払いコースは最大36回払いの分割が可能なので、十分にバイト代で支払える金額で旅行にいくことが可能です。また、卒業旅行としてHISのトラベルローンを使用するならばスキップ払いという制度もあります。それは、支払いを最大半年間据、引き伸ばすことが出来るローンです。

 

半年間なら就職後の給料で支払うことも出来ると思います。ですが、引き伸ばす際には、手数料がかかります。このトラベルローンの申し込み資格は、高校生を除く18歳以上であることです。

 

学生の場合には、親権者の同意と捺印が必要になります。それをクリア出来れば、手元にお金がない学生でも旅行に行くことが出来ます。


学生のカードローンでの失敗

 

私は、4年制大学に通っていた頃、3年生まで焼肉屋でバイトをしていました。勉強も大事だけど、社会人経験を積むことで学生とは違った考え方を持つことが出来たことが良い経験でした。お金を稼ぐことの大変さや厳しさも知ることが出来たように思います。

 

3年間バイトしていた頃は、週に3回で1日に5時間程働いていました。月の給料は約4万円か5万円稼いでいました。長期の休暇の時はもっと稼いでいたこともあります。給料日にお金が振り込まれたら、すぐに貯蓄用の口座に振り込んでいました。

 

目の前にあると使ってしまうこともあるので、初めからないものとして扱うことが大事でした。その結果、3年間の中で100万円近くお金を貯めることが出来ました。卒業旅行で海外に行きたかったので、月に2万円は確実に貯めていました。

 

これは一度だけ利用した学生 カードローンで返済の苦労を経験したことが役立ったと思います。3年生の長期休暇には憧れのパリやアメリカに行きました。4年生の時期は、就職活動を真面目に行いたかったので、バイトをすることは止めておきました。


できるだけ抑えた学費でもカードローンで補わなければならない場合もある

 

医療秘書学科の専門学校へ入学し、二年で卒業しました。その専門学校の勉強と同時に、通信教育制度を利用し、実際にある大学へ行き、夏休みや夜間スクーリングを利用して、短大卒業と専門学校の卒業を同時にしました。

 

専門学校の入学費用は、専門学校の試験を受ける前に実際に学校を見学に行きました。その時に偶然その学校の校長先生にお会いすることができ、先生自らたくさん説明してくださいました。すると、「あなたからは、頑張って勉強しようというエネルギーを感じる。

 

もしこの学校を受けて下さるなら、入学金と前期授業料を免除します」と約束してくださり、試験を受けて面接もして、合格し、入学金と前期授業料合計85万円と諸経費を免除していただきました。後期授業料は15万円でした。

 

二年目は諸経費と年間授業料は必要で45万円ほどでした。短大は入学金は数万、年間授業料は10万円だったので、必死で勉強して、二年間で卒業することを条件としました。安く済み、勉強は高校の時よりも中身が濃く充実した二年でした。クレジットカード 学生で持ちはしましたが賢く利用しなければ大敵にもなりえます。


大学の記念旅行にお金が必要

 

大学生として生活をしていると、大学の交遊のためにお金が必要になってしまいます。大学での交遊、というと一見遊びのように見えてしまいますが、テストの範囲やら勉強の情報交換のためにも交友関係は大切にしなければならないのです。

 

私は大学での交遊のためにお金を借りる必要性がでてきました。同学年の友人達大勢と記念旅行に行くのですが、私はその旅行のための費用が全く無いのです。

 

旅行に申し込む際に大勢で申し込むと格安になるので、代表者が旅行費用をみんなから集金して早めに申し込まなければならないので、うかうかしている猶予はありません。

 

旅行費用は数万円、私は日頃から外食をしたりお酒を飲んだりしているので貯金は全くありませんし、両親にも迷惑を掛けているのでまさか両親に遊びの旅行のための費用を頼る事もできません。


消費者金融で賢い返済方法を思いついた学生

 

私は古くなった家具をちゃんときれいにしようかなと思っているのです。長く使っている家具なので、色あせたりもしているのです。ちょっとお客さんが来た時などは、恥ずかしいなと思うので、どうにか購入をしていこうと思います。今一番変えたいのは、食器棚です。

 

食器棚は色々と見ているのですが、すごくきれいなものがたくさんあります。だから、見ているとつい欲しくなるのです。我が家では子供も増えて、ちょっと食器なども増えているような所があるので、これから購入をしたいです。食器棚は備え付けるようなものだった、すごくきれいなと思います。ちょっと高額になりそうなのですが、消費者金融の返済方法を見ながらこれから考えていけるようになれればいいです。そして、食器棚をきれいにしていけるようになれればうれしいものです。

 

ローンだったら、返済などもきちんと把握をしておかなくてはいけないと思うので、頑張っていければいいなと思います。そして、ローンをきちんと払えるようにできればいいです。それで返済方法に関して学生であるの長男が良い方法を思いついたといっていました。そうは言ってもオリックス銀行の審査を受けるのは父親である私です。一応年収500万円はありますからオリックス銀行カードローンの審査を受ける資格はあります。