プロミスの返済方法は多種多様で便利

 

プロミスの返済方法としては、ネットバンクから返済するという方法が一般的とされています。これはネットバンクを作成していれば誰でも利用出来る方法で、24時間返済が可能となっているのが魅力的です。

 

対象となっている口座もかなり多いので、返済することはとても容易なのではないかと思います。自分で金額を決めることができる所も魅力的ですね。

銀行口座から返済する

 

勿論通常の銀行口座からも引き落としが可能となっており、引き落とし手数料は無料です。ネットバンクに対応していないカードローンもありますから、こうした返済方法はとても使いやすいと思います。

 

ネットバンクを持っていない方でも、通常の銀行口座を指定することによって、簡単に返済が可能となっています。返済期限が近付いた段階で、口座にお金を入れておけば安心です。

自動契約機から返済する

 

他にはプロミスのATMから返済することができます。プロミスには返済用のATMが用意されており、それを利用することによって、簡単に返済をすることができます。

 

 

プロミスATMから返済したとしても、手数料は無料です。


 

近くにある場合は利用しても良いのではないかと思いますが、遠い方はコンビニのATMを利用しても構いません。

 

プロミスは沢山のATMと提携しており、提携ATMを利用すれば返済が可能となっています。利用できるかどうかは、プロミスのステッカーが貼ってあるかどうかで確認することができます。

 

貼っているATMなら簡単に返済が行えるでしょう。ステッカーで確認できるのが良い所で、他のカードローンやキャッシングだとわからないことが多いです。

コンビニで返済する

 

コンビニでも返済が難しいという場合は、銀行振込で返済を行うこともできます。しかし銀行に支払うための手数料が必要となってしまうので、この方法はお薦めできません。

 

手数料のかからない方法から選ぶことが望ましく、それによって簡単に返済ができる状況を作ることができます。プロミスの返済方法は多種多様で、色んな方にあったプランが利用できるということです。

プロミスの返済シミュレーションで有効な返済計画をたてる

 

プロミスのホームページには、返済シミュレーションのページが用意されています。これはプロミスから融資を受けた後の返済計画を立てる際に有効となるものであり、様々な角度から返済シミュレーションをすることができます。

 

そんなプロミスの返済シミュレーションですが、ここで調べることができるのが以下の項目からです。

 

 

  • 返済金額
  • 返済期間
  • 借入可能額

このうち、まず返済金額からですが、こちらは借入したい希望の金額と返済期間を入力すると毎月の返済額が確認できます。また、毎月の返済額に加えてトータルで支払う利息についても調べることが可能となっています。

 

 

返済期間の場合は、

  • 毎月支払う返済金額
  • 借り入れしたい希望金額

を入力することで完済し終えるまでのトータルの期間を調べることができます。


ユニークなものとなっているのが

 

 

毎月の借入可能額であり、こちらは

  • 毎月返済できる金額
  • 返済予定の期間

を入力することで計算されるものです。


いずれも返済計画を立てる上で欠かせない情報ではありますが、ここでのポイントはすぐに結果が出るという点です。

返済シミュレーションを活用する意義

 

プロミスでは、返済時に支払う利息については借入残高と利用日数に応じて計算される方式を採用しており、その計算についてはかなり複雑なものとなっていますが、この返済シミュレーションを利用すればすぐに必要な情報を入手することができます。

 

 

返済する余裕があれば調べる必要もないと思うけどなぁ・・・


プロミスに限らず、融資を受けた金額というものは後で必ず返済をしなければなりませんので、実際の利用開始前にある程度の計画はたてておきたいところです。例えば、毎月無理なく返済できる金額はいくらなのかということを考えてシミュレーションをすると

 

 

結果的にいくらまでならプロミスから借入を受けることができるのかということがここで調べることができます。


もちろん実際には完全にシミュレーションの結果と同じ結果になるとは限りませんが、それでも返済計画をたてるうえで重要なものとなりますので一度確認しておくと良いでしょう。

プロミスの『選べる返済日』

 

プロミスは消費者金融業者の中でも人気の高い大手業者ですが、他との「差別化」という点において見逃せないのが「返済日」です。プロミスから融資を受けた分については返済をしなければなりませんが、プロミスではその返済日を

 

 

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日

から選択できるようになっています。この「選べる返済日」というのは、消費者金融の中でもプロミスならではのサービスといえるもので、この中から自身にとって都合の良い日程を選ぶことができます。

返済日を選べるメリットとは?

これがたとえば家賃や公共料金の引き落としの場合を考えてみると、ほとんどの場合指定された日以外は設定ができなくなっています。また、住宅ローンの支払い日についても銀行が設定した日でなければ対応ができないといったケースがほとんどではないでしょうか?

 

 

カードローンの返済日をコントロールできないものだろうか?


プロミスの返済はさすがにいつでも良いというわけではないまでも、それでも選択可能な日程の中から都合の良い日にちを選ぶことができるようになっています。当然ながらカードローンの返済ともなれば、

 

 

少しでも「お金に余裕がある時」に支払いを行いたいところです!


勤務先によっては給与の支払い日というのはそれぞれ異なるものですので、たとえば月末に給料日があるという人であればプロミスの返済日もその日にあわせて設定しておくと安心です。

各業者の返済日の考え方

この「返済方法」についての考え方は消費者金融業者ごとに異なっており、たとえばアコムでは指定日ごとの返済に加えて「35日ごとの返済」といった返済方法も選べるようになっています。

 

 

返済日ってそんなに重要かぁ・・・


毎月決まった日に返済を行うことに変わりはないものの、返済期間が長くなりますので結果的に支払う利息も増えるといったデメリットが考えられます。また、消費者金融を利用するうえで最も避けたいのは「返済の滞納」です。

 

 

滞納を防ぐ為には給料日前よりも給料日後の近い日を返済日に選ぶほうがベストです!


滞納を防ぐには、「返済しやすい」状況を作ることが大きなポイントとなります。こうした状況を考えると、プロミスでは自身にとって都合の良い日に返済日を設定できることから「滞納しにくい」仕組みを設定できるといえるでしょう。