フリーターはプロミスに申し込める?

 

 

フリーターの人がプロミスに申し込む場合に注意したいのが収入と勤続期間です。

プロミスでは通常の融資の場合総量規制の適用を受けますので、年収の3分の1を超えた金額でお金を借りるということができません。

収入に応じて融資可能な金額が異なるのはフリーターに限ったことではありませんが、あまり高額の融資を受けることは期待できないという点は認識しておくべきでしょう。

勤続期間も重要なポイント

 

プロミスが融資を行うにあたり重視しているのが収入の安定性です。少ないながらも毎月安定して収入がある人と月によって収入の金額が多い時とそうでない時がある人の場合は圧倒的に前者が審査では有利となります。

 

 

先月の収入は多かったからキャッシングの審査も楽勝だろう。


 

この「安定性」を判断するうえで重要となってくるのが「勤続期間」であり、たとえば毎月多くの金額を得られる仕事に就いていたとしても、まだその仕事を始めて数ヶ月程度、ということであれば信用度の面では決して高いとはいえません。

 

何故なら、安定した収入という面では毎月の収入が少なくても既にその仕事を始めて半年〜1年ほど経過している場合は継続した収入が見込めると判断できますが、短い勤続期間ではいくら収入が多くても

 

 

継続してその収入を見込めるかの判断が難しいからです。


フリーターの在籍確認は?

 

フリーターの場合もうひとつ注意したい点として在籍確認が挙げられます。プロミスでは審査における必須項目として勤務先への在籍確認を行っており、これはフリーターであっても「勤務先」が存在する以上は回避することができません。

審査の最終段階でもある在籍確認は如何なる方法であれ必ず行われます。

在籍確認の方法としてはプロミスの担当者が直接勤務先に電話連絡をするという方法が一般的ですが、仕事の内容にもよりますが外部から電話がかかってくることがほとんど無いというケースもあるかもしれません。

 

 

何だぁ。聞き慣れない女性から電話があったぞぉ。


 

その場合には、事前にプロミスに相談して収入の金額や勤務先が確認できる書類で在籍確認とすることができるかどうかを

 

 

在籍確認の方法などもお気軽に問合せてください。


 

事前に確認しておくと良いでしょう。主に源泉徴収票や給与明細書などが在籍確認として利用可能な書類となりますので、フリーターであってもこれらの書類を用意できる状態であれば電話連絡なしに融資を受けることができる可能性があります。

フリーターがプロミスに申し込んだ体験談

フリーターのカードローンはこんなもん

 

ローンも利用をする場所により、実質年利が高い所もあります。そして、誰でもどこでもローンが利用できるわけでもありません。中には、銀行などでお金が借りれない状態で、高い実質年利の所でお金を借りるしかないという人もいます。

 

そうなった時は、返済が苦しくなってしまいます。もしもフリーターでカードローンが利用できるような所があれば利用をするといいと思います。やはり実質年利が高いと大変なものです。

 

どこでも借りれるわけではないのですが、おまとめローンをしているような所はたくさんあります。探してみるのもいい方法だったりもします。返済を考えると、毎月やっていかなくてはいけません。借りている金額にもよありますが、金利が少し違うだけで、返済の金額にも差が出てしまいます。

 

そう考えると、おまとめはすごいと思います。合わせて金利が安く利用できれば、返済の金額の差も大きなものです。実質年利もちゃんと見ておかなくてはいけない部分です。ローンを利用をするというのは、大きな事です。


フリーターでお金を借りる事が可能な金融を探す

 

最近では、子供でも脱毛をするというのでびっくりしてしまいます。でも、それだけ美意識が高くなっているんだなと思いました。今の私は、ちゃんと無駄毛処理ができていないような部分があるので、すごく恥ずかしく思いました。

 

女性として、やはり無駄毛処理をちゃんとする事は大切なものなのかなと感じたいのです。無駄毛処理をしっかりとしておければ、これから無駄毛が気になりません。でも、その無駄毛処理がすごく面倒なものだったりするのです。

 

なので、きちんと無駄毛がなくなるように脱毛をしていければいいのかなと感じました。永久脱毛をしっかりとして、そしてきれいなお肌になれればいのかなと考えているのです。無駄毛がないお肌は、やはりつるつるできれいなものです。

 

カミソリで処理をしているだけでは、やはり手触りも悪く、お肌を傷つけていたりしてしまっているのです。なので、これからいいお肌になっていければいいのかなと考えています。プロミスはフリーターでもお金を借りる事のできる所ということで申し込んでみました。

 

しっかり定期的にアルバイトに入っており、大体の決まった額を毎月受け取っていましたので、問題なく審査に通り、脱毛費用を捻出することができました。これも元手に綺麗な肌を目指していきたいです。


フリーターはカードローンの融資も少ない

 

昔、フリーターで生計を立てていたことがありますが、その時の職種は販売員をしていました。その当時は実家暮らしでありましたし、またその時はそれほどお金が必要ありませんでしたのでそれほど家計的には大変ではありませんでした。

 

しかし、趣味は海外旅行を楽しんでいたので、その時はお金がたくさん必要でしたし、あまり趣味に大金を費やすことはできませんでした。なぜ、その時に正社員の仕事につかなかったのか、というと、正社員の仕事はとてもしんどくて、自分には向いていなかったのと、自分自身が働くことが嫌いだったからです。

 

フリーターで生計を立てるのは、時間に自由がきくという点と、また気楽であるというところが大きなメリットだと思います。たとえば、さまざまな趣味を楽しんだりできますし、ストレスなども少なく済みますが、将来性がないのがデメリットだと思います。

 

急な出費が必要になった場合フリーターでもプロミスに申込めましたが、年収が低いので融資額も低くなります。まぁ大金借り手も返せないですけどね。


フリーターでキャッシングする不安

 

結婚をしたものの、きとんとした仕事に就くことができず、アルバイトだけで生計を立てていたのでかなり苦しい経験をしました。理由は結婚と同時に遠方に引越しをしたことが原因で、アパート住まい、そして職探しをしたのですが、なかなか見つけることができずにとりあえずなにか仕事をしなくてはと思い、バイトをしたのです。

 

トラックの運送の仕事で日給は1万円、とはいっても十分な収入ではなく手取り20万円ほどであり、結婚となるとなにかと物が必要になるので出費は膨らむ一方でした。このままではまずいとあせりながら、それでもなかなか見つからず、ずるずると1年間トラック運転手のバイトを続けて減り続ける貯金が不安になり、そろそろまずいとあせり始めた時に、友人から誘われて自営業の道が開かれたことでなんとか乗り切ることができました。

 

バイトはボーナスはないし、トラックの仕事ではいつまで続けることができるかもわからないという状況でいつも不安でした。不安のあまりいざという時にフリーターでキャッシングできるカードローンを探していたところ、プロミスがいけるみたいなので、申し込んで借入枠を確保しています。